忍者ブログ

私ではなくキリストⅥ(東洋からの風の便りIII)

「一人の罪によって、その一人を通して死が支配するようになったとすれば、なおさら、神の恵みと義の賜物とを豊かに受けている人は、一人のイエス・キリストを通して生き、支配するようになるのです。」(ローマ5:17)

この日を待っているあなたがたは、しみもなくきずもなく、安らかな心で、神のみまえに出られるように励みなさい

「あなたがたは、語っておられるかたを拒むことがないように、注意しなさい。もし地上で御旨を告げた者を拒んだ人々が、罰をのがれることができなかったなら、天から告げ示すかたを退けるわたしたちは、なおさらそうなるのではないか。

あの時には、御声が地を震わせた。しかし今は、約束して言われた、『わたしはもう一度、地ばかりでなく天をも震わそう』。この『もう一度』という言葉は、震われないものが残るために、震われるものが、造られたものとして取り除かれることを示している。このように、わたしたちは震われない国を受けているのだから、感謝をしようではないか。そして感謝しつつ、恐れかしこみ、神に喜ばれるように、仕えていこう。わたしたちの神は、実に、焼き尽くす火である。」(ヘブル12:25-29)

* * *

今、畏れの心を持って、主の御前に静まりたいと思う。時代が煮詰まって来ていること、その中で、私の自由裁量の領域がますます狭められていること、そこで生まれながらの自分自身を十字架において拒むことがどれほど必要であるかを、主が教えて下さっているからである。

聖書にはこうある、「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ、わたしの弟子となることはできない。

あなたがたのうちで、だれかが邸宅を建てようと思うなら、それを仕上げるのに足りるだけの金を持っているかどうかを見るため、まず、すわってその費用を計算しないだろうか。そうしないと、土台をすえただけで完成することができず、見ているみんなの人が、『あの人は建てかけたが、仕上げができなかった』と言ってあざ笑うようになろう。」(ルカ14:26-30)


この御言葉は、信仰の道を先へ進んで行くにつれて、自分の生まれながらの命をことごとく捨て切る者でなければ、主の弟子として従うことが決してできなくなることを告げている。私たちは生まれながらの自分自身と、自分から出て来る願いを十字架において拒み、自分自身には全く頼らず、ただ主イエスだけに頼って生きるだろうか。

「だから、あなたがたは自分の持っている確信を放棄してはいけない。その確信には大きな報いが伴っているのである。神の御旨を行なって約束のものを受けるため、あなたがたに必要なのは、忍耐である。

『もうしばらくすれば、きたるべきかたがお見えになる。
遅くなることはない。
わが義人は、信仰によって生きる。
もし信仰を捨てるなら、
わたしのたましいはこれを喜ばない」。

しかしわたしたちは、信仰を捨てて滅びる者ではなく、信仰に立って、いのちを得る者である。」(ヘブル10:35-39)


信仰を捨てる者は滅びる。聖書は、不信仰な者、おくびょう者をはっきりと罪に定めている。「おくびょうな者、信じない者」(黙示21:8)には、火と硫黄の池が行く手に待ち構えている。しかも、悔い改めの機会さえ、いつも与えられるわけではない。エサウはたった一杯の食のために長子の権を売ったが、「あなたがたの知っているように、彼はその後、祝福を受け継ごうと願ったけれども、捨てられてしまい、涙を流してそれを求めたが、悔改めの機会を得なかったのである。」(ヘブル12:17)

だから、「きょう」と言われている日に、心を頑なにせず、御霊の声に聞き従うことがどれほど重要であるか。主の憐れみがまだ注がれているうちに、まだ光があるうちに、己が罪を悔い改めて、暗闇から抜け出し、畏れかしこみつつ御前に進み出て、神の光の中を歩むことがどれほど重要であるか。

御言葉は、主に従うために私たちにはれっきとして代償が必要であることを示している。自分の生まれながらの魂を愛し、手放さない者が、主に従うことは決してできない。生まれながらの自分を愛することそのものが罪である、という認識にまで私たちは至らなければならない。主イエスはゲッセマネの園でご自分の魂の命を拒んで御旨に従うために、血を滴らせるほど祈られたのだ。主イエスは人の魂の命は堕落しており、人の生まれながらの魂は、決して十字架を受け入れることはできないことを知っておられた、「心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。」(エレミヤ17:9) 主は罪を犯されなかったが、信じる者たちの代表として、生まれながらの魂を拒んで御旨に従われたのだ。

私たちは、真理を受け入れようとしない人間の生まれながらの魂――セルフという憎むべき悪の要塞、巣窟に対して、決然とした態度を保持するだろうか。これを絶えず憎むべきものとみなし、自分の魂の命に対して神が下された十字架の死刑宣告を速やかに受け入れるだろうか。「あなたがたは、罪と取り組んで戦う時、まだ血を流すほどの抵抗をしたことがない。」(ヘブル12:4)との警告は、人の生まれながらの自己がとんなに神の御前で腐敗した憎むべきものであるか、主に従うためには、信者が己が魂に対して血を流すほどの抵抗をせねばならないことを、まだ知らない信者に向けて発せられたのである。

聖書は言う、「終りの時にあざける者たちが、あざけりながら出てきて、自分の欲情のままに生活し、『主の来臨の約束はどうなったのか。先祖たちが眠りについてから、すべてのものは天地創造の初めからそのままであって、変ってはいない』と言うであろう。

すなわち、彼らはこのことを認めようとはしない。古い昔に天が存在し、地は神の言によって、水がもとになり、また、水によって成ったのであるが、その時の世界は、御言により水でおおわれて滅んでしまった。しか し、今の天と地とは、同じ御言によって保存され、不信仰な人々がさばかれ、滅ぼさるべき日に火で焼かれる時まで、そのまま保たれているのである。」(Ⅱペ テロ3:3-7)


ノアの時代、平和な時代が突如として終わりを告げて、全世界が水に覆われて滅びるなど、ほとんど誰も想像しなかった。人々はそのときが来るまで、己が欲望に基づいて心のままに生活していた。ところが、ノアの一家たった8人だけが信仰により救われて、その他の圧倒的大多数――娶ったり嫁いだり、飲んだり食べたり、売ったり買ったり、植えたり建てたりしながら、気ままに暮らしていた人々――がみな、己が罪のゆえに滅んだのだ。

そのときが来るまで、箱舟こそが世間の嘲りの的であった、ノアの一家は妄想にとりつかれた終末論者とされ、ヒューマニズムの見地から、彼らの主張する滅びなど、正気の沙汰ではないように思われたに違いない。誰が想像しただろうか、平和に暮らしていたように見えたその時代の全ての子らの上に、神の御怒りがとどまり、信仰に生きたノアの一家だけが義とされるなど。しかし、神は震われないものが何であるかを明らかにされた。「信仰によって、ノアはまだ見ていない事がらについて御告げを受け、恐れかしこみつつ、その家族を救うために箱舟を造り、その信仰によって世の罪をさばき、そして、信仰による義を受け継ぐことになった。」(ヘブル11:7) 

この箱舟はキリストの十字架の型である。箱舟の外に広がっている時代はあたかも平和そうに見えて、その平和は偽りであった。その平和は十字架を介さない滅び行く平和であり、まさに崩れようとしていたのだが、人々はそれに気づかなかった。そして、箱舟の中にこそ、まことの平和の君がおられ、安息があった。嵐の海の上を行く船に、弟子たちとともに主イエスが乗っておられたように、その箱舟は、主イエスの十字架の装甲であった。外でどんなに嘲りや罵りの暴風が吹き荒れようとも、その中は台風の目のように静かであった。それだけでなく、そこには主がおられたので勝利があった。アダムの命に対して死をもたらした十字架にキリストと共にとどまり続けることこそ、私たちが主と共に復活に至るために必要な条件である。十字架は私たちを安息の地に導く。そして、安息はキリストご自身である。

今、震われないものが残るために、全世界はもう一度震われようとしている。焼き尽くす火である神の燃える炎によって、天も地も震われようとしている。しかし、私たちは震われない国を受けているのだから感謝し、この「揺るがぬ土台の上に建てられた都」(ヘブル11:10)が姿を現すときを待ち望んでいる。私たちが忍耐できるのは、望みの確信を持っているからだ。その確信とは、キリストにあって一つとされた新しい天と地が姿を現し、主イエスが再び来られて、「しみも、しわも、そのたぐいのものがいっさいなく、清くて傷のない栄光の姿の教会」(エペソ5:27)として私たちをお迎え下さることである。もっと言うならば、キリストご自身が私たちの栄光の望みなのである。

私たちはこの朽ちゆく肉体の幕屋の中にあって、朽ちないキリストを着せられることを切に願いながら、忍耐している。どうか、ご自分を低くして死に至るまで御父に従われた主イエスが、御霊を通して、神の御旨が何であるかを教えて下さいますように。どうか、私たちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示の霊を豊かに与えて下さり、私たちに神を認めさせ、霊の目を開いて下さいますように。そして、私たちが神に召されて抱いている望みがどんなに大きなものであって、聖徒らが継ぐべき神の国がどれほど栄光に富んでいるか、神の力強い活動を通して働く力が、私たち信じる者にとってどれほど絶大なものであるかを、私たちが知ることができますように。私たちは信仰を捨てて滅びる者ではなく、信仰に立って、いのちを得る者なのです…。

「愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。

しかし、主の日は盗人のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう。このように、これらはみなくずれ落ちていくものであるから、神の日の到来を熱心に待ち望んでいるあなたがたは、極力、きよく信心深い行いをしていなければならない。その日には、天は燃えくずれ、天体は焼けうせてしまう。しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。

愛する者たちよ。それだから、この日を待っているあなたがたは、しみもなくきずもなく、安らかな心で、神のみまえに出られるように励みなさい。また、わたしたちの主の寛容は救のためであると思いなさい。」(Ⅱペテロ3:8-14)


PR