忍者ブログ

私ではなくキリストⅥ(東洋からの風の便りIII)

「一人の罪によって、その一人を通して死が支配するようになったとすれば、なおさら、神の恵みと義の賜物とを豊かに受けている人は、一人のイエス・キリストを通して生き、支配するようになるのです。」(ローマ5:17)

村上密・杉本徳久の両名を被告とした民事訴訟(第一審)の総括(14)―私たちが正気でないとするなら、神のためであり、正気であるなら、あなたがたのためです。

8.冷静沈着を装うことで、人権侵害を覆い隠し、自分が害を加えた信者を「精神異常」に仕立て上げようとする村上密の反カルト脱会運動の異常な手法

わたしたちが正気でないとするなら、それは神のためであったし、正気であるなら、それはあなたがたのためです。なぜなら、キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです。

 わたしはこう考えます。すなわち、一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります。その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分たちのために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。」(Ⅱコリント5:13-15)

さて、筆者や当ブログをあたかも精神異常の産物であるかのように言いふらし、絶え間なく中傷している牧師たちがいるが、以上の御言葉に照らし合わせても、神のために悪評をこうむることは、かえって名誉なことである。

そして、彼ら牧師たちが、自分たちにとって不都合な言論を行う反対者には、常に「精神異常」のレッテルを貼って、批判を封じ込めようとして来た古典的手法は、今や当ブログ以外の場所でも指摘されるようになっている。非常に良いことである
  
さて、村上密は当ブログの記事が「感情論」であるかのように触れ回るが、それが事実でないことはすでに述べた通りである。

村上密の記事には、巧妙に隠された多くの事実がある。結論から言えば、村上のブログには、村上に都合の良い事実しか書かれておらず、それは偏った情報に基づき、自己宣伝のために作られた、読者をマインドコントロールするための虚構と言っても差し支えないような内容なのだ。

村上の記事には、そこに記されていないコインの裏面のような「もう一つの半面」が存在していることを、読者は行間を読み解くようにして理解する必要がある。それは記事の表向きの文面だけを読んでいては決して分からないため、他者の証言や、他で発表されている情報によって、詳しい事実関係を補っていく必要がある。

このような綿密な裏づけ作業を行わず、ただ書かれている表向きの文面を鵜呑みにして、村上の自画自賛の文章を額面通りに受け取り、彼を賞賛することは、マインドコントロールにかかるのに等しく、大変危険な行為である。

たとえば、村上が今年3月7日に「障がいの解消 」という記事を発表している。この記事の中で、村上は自分の教会を他の教会に先駆ける形で、車椅子の通行の妨げにならないバリアフリーの教会設計にしようと、どのように苦労したかという話を自慢話のごとく記している。そして、「献堂から25年を迎える。リフォームを2回行った。心のバリアフリーは毎日更新していかなければならない課題である。」などと、リフォームの成果をアピールしている。

しかしながら、この記事に書かれていない事実がたくさん存在する。その一つは、村上は以前にバリアフリーの教会を作るために、自ら会堂の設計をしたものの、村上の設計に従って作られた教会の礼拝堂のトイレには、なぜか車椅子が入らなかったことだ。そのせいで、またしても新たにリフォームが必要となったが、そのリフォームの仕事を、村上は強引に自分の身内であり建築関係の仕事を手がけていた義理の息子(娘婿)に回した。そして、義理の息子は実際に教会内のリフォームの仕事を手がけたが、その後、不明な理由で自殺を遂げていること。
 
このような暗い負の側面は、村上の記事には記されていない。だが、このことを知れば、村上は、未だ多くの教会がバリアフリー設計に対応していないと、自教会の先駆的なリフォームを誇るよりも前に、自分が心のバリアを解けなかったがゆえに、身内の心のケアが及ばず、手遅れになってしまった自分自身の冷淡さにまず筆を向けるべきと考えるのは当然ではないだろうか。

次に、今年4月22日の村上の記事「感情的な問いかけを避ける 」にも同様のことが言える。ここで村上は、子供がカルトに入信したから取り戻したいと、親に懇願されて協力する場合に、信者を取り戻すために、まずはカルトに入信している信者の親たちに向かって、子供に対して決して感情的に接しないように呼びかけるとしたものだ。

村上の反カルト脱会運動は、初期の頃は特に、統一教会などの宗教に入信した信者の親たちから脱会への協力を懇願された村上ら牧師たちが、信者を計画的に路上その他の場所で拉致し、車に押し込んでアパートの密室に連れて行き、そこで何カ月間にも渡り、監禁して説得工作を行うものであったことは、前の記事で述べた。

以上の記事は、そうした状況下で、親たちが信者を脱会させるために説得工作に当たる際、決して子供と真正面から喧嘩したり、子供の面目を潰すような議論をすることを避け、同情や共感の言葉を用いて、巧みに子供の内心を引き出すように教えたものである。

それが何を目的とする行為であったのかは、村上の以上の記事にも記されている。

「共感できなくても、共感できないと思わせるより、共感してくれていると思わせる方が、子供の行動や内心を知ることができる。それが、カルトから救出するときの手掛かりになる。動機を知っているかいないか、心理を知っているかいないかでは、カウンセラーの対応に大変役立つのである。対立的なアプローチは関係を悪化させる。何かしら同意できること、共感できることを口にして、関係をつなぎとめておかないと、カルトの思うつぼに家族の状態をしてしまうことになる。大切なのはどうしてと親の感情をぶっつけることではなく、できるだけ子供の気持ちを聞いて知っておくことである。そのことを親が上手に使えなくても、カウンセラーは対話に役立たせ、親子の関係を回復することに役立てることができる。 」

つまり、村上らは「救出カウンセラー」として信者に棄教を迫るに当たり、まずは家族との接触を通して、信者の心の内面・入信の動機などを巧みに探り出し、今後、どういった方向から信者に棄教を迫るのか、綿密な作戦を用意する必要があった。そうした作戦行動に有益となる情報を予め入手するために、村上は信者の家族に、まずは信者とぶつからないで情報を引き出すよう、「非対立的アプローチ」を勧めていたのである。

とはいえ、棄教を目的とした監禁状態における説得工作が長く続くと、束の間やって来るだけの牧師たちとは違い、家族は疲弊して、「非対立的なアプローチ」も壊れ、かえって激しい対立が表面化し、家族関係も破壊され、寸断されることは、前の記事でも確認した通りである。

また、村上の教える「非対立的なアプローチ」は、そもそも村上ら牧師が、カルトから信者を脱会させるという美名の下で、信者への拉致・監禁という人権侵害を手段として用いたことそのものの暴力性を覆い隠すカモフラージュであったことも確かである。

そのことは、統一教会側から、信者の拉致・監禁による脱会に対して抗議するために発表された以下の手記にも記されている。長いが、ここに引用しておく。
 

4 人権を無視した拉致監禁 許せない

静岡在住 M・S

1991年入教5年目、当時広島県福山市で歩んでいた時、他県に住んでいた両親が話す内容に反対牧師につながっているような言動がありました。それから間もなく1991年3月に両親が車で福山に遊びに来ることになり、教会の責任者から注意するよう助言を受けていましたが、拉致監禁に関する情報を詳細に知らなかった私は、「いざ監禁されたら飛び降りてでも逃げてきますから」と半ば軽い気持ちで出かけました。

父親が運転して後部座席に母と私が座りましたが、途中母が「実は今日はお見合いをしてほしいの」と私に話しかけました。私は統一教会での結婚を望んでいたので「お見合いで結婚するつもりは無いから」と断りましたが、母はそのことは分かっているけれど親戚の勧めでどうしても断れないので同席するだけで良いからと言うので仕方なく承諾しました。

連れて行かれたところは入り口がオートロックのワンルームマンションで部屋の中に入るとなぜか従姉が二人おり、布カバーが掛けられた衣装ケースが隅に置かれ、部屋の真ん中にテーブルが一つありました。それを見た途端?しまった、騙された!?とすぐに引き返そうとしましたが、時すでに遅しでドアノブには鎖がぐるぐるに巻かれて南京錠が掛けられ、ベランダ側の窓の鍵も鎖でぐるぐる巻きにしてあり、それを隠すためにリボンが飾られていました。悔しさと腹立たしさとショックとが入り混じった何とも言い難い複雑な心境に陥りました。

すぐさま「ここから出してよ! こんなところにいる場合ではない!」と大声を上げましたが、両親は私の態度に動じることもなく、「これからここで一緒に勉強しよう」と妙に落ち着いた表情で私に言ったのです。その両親のあまりにも落ち着いた態度が変に不気味でした。後から分かったことですが、監禁するノウハウ(向こう側に言わせると監禁ではなく保護)や監禁された人がどういう行動に出てその時どのように対応すべきかは、監禁前に反対牧師や拉致監禁によって離教してしまった元教会員から、徹底して教育されていました。両親はとにかく子供がどのような行動を取ろうと絶対に怒ってはいけないし、冷静な態度で振る舞い、一緒に勉強して行くという姿勢を見せるように言われているのです。そしてもう一つ、これも後に両親から聞いたことですが、私を監禁するために私が乗った車から万が一私が逃げ出した場合すぐに取り押さえられるよう、親戚の男性達が数人乗った後続車が付いてきていたそうです。マンションは飛び降りて逃げられないように3階以上にある部屋と決まっており、私の部屋はたしか4階か5階でした。

その日から私の監禁生活が始まりました。両親は二人とも働いていましたが、この監禁の為に長期休暇を取って臨んでいる様子でした。最初の3日間は牧師は来ませんでしたが、それは牧師に私の状況を密かに報告しながら私が聞く姿勢が整うのを待っていたのだと思います。狭いワンルームに24時間、両親に監視されながらいるのですから、それだけで精神的におかしくなりそうでした。夜中にふと目が覚めても、どちらかが起きていてじーっと私の方を見ていました。玄関の南京錠の鍵はひもを付けて、父がいつも首からぶら下げていました。私が何を言っても「自分たちも勉強したいからここで一緒に勉強しよう」とおうむ返しのように返事が返ってきました。

私は1日目から断食を始めましたが、体力に自信がなかったのでいざという時に逃げられないかもしれないと思い、とにかく心身ともに健康な状態で必ずここから出ようと決意しました。

4日目に入ってようやく牧師が来ました。当時、岡山市庭瀬にあるキリスト教会の高山正治牧師でした。年齢は40代ぐらいに見えました。感情的なタイプでなくとつとつと話す人でした。

聖書と原理講論を比較しながら原理の間違いを指摘、写真や資料を見せながら文先生や文先生のご家庭の批判、教会のスキャンダルなど、毎日毎日聞かされました。それ以外にはテレビや雑誌もなく何の情報も入らないのです。両親は一緒に話を聞いてはいますが、? 一緒に勉強する?というより?いかに私が統一教会が間違いだと理解するか?を伺っているような態度でした。ベランダ側のガラス窓を割って逃げることを考えましたが、両親はずーっと側にいて、何か起これば即対応する姿勢でいたので逃げ出すチャンスがなかなか見つかりません。

何日か経った時、仮病をつかって病院へ連れて行ってもらいそこから逃げることを計画しました。牧師は「仮病を使って逃げる教会員もいるから」と外出を渋りましたが、両親の方が折れ病院へ行くことになりました。私は個人病院ではなく、逃げ出しやすい大病院を指示しそこに両親と妹の三人に付き添われて行きました。

病院の待ち合い室で、三人の監視が手薄になるようにして父と二人だけになった時、私は?今だ!?と走り出して入り口のタクシー乗り場に行き、タクシーに乗りこみましたが、父が必死に追いかけて来たためタクシーの運転手は発車してくれずとうとう父に追いつかれました。しかし、とっさに運転手に?私は監禁されています。私の名前は○○です。連絡先は○○です?と予め準備していた教会の電話番号を書いたメモ紙を渡しました。

治療中も医者やそこら中の人達に聞こえるよう「私は監禁されています。助けて下さい!」と叫び続けましたが、病院ということもあり周囲から精神異常者のように見られ、誰も取り合ってくれませんでした。治療後、病院の事務局の人が「ただごとではなさそうなので警察を呼びました。こちらの部屋で話をして下さい」と地下の部屋に通されました。そこには背広姿の刑事が二人おり、両親とひそひそと立ち話をした後、私と話をしたのです。私は本当の刑事かどうかを確かめるため警察手帳を見せてもらいました。「とにかく私は監禁されています」と、警官に訴えましたが、「親が一緒にいて何が監禁だ! あんたが家を空けた数年分、今度は家にいろ!」と逆に刑事に怒鳴られたのです。警察は事情がすべて分かった上でこのような態度を取っていると分かると、私は唖然としました。

結局、再び監禁場所に戻されることになり本当にショックでした。ですが、両親のその時の対応は反対牧師からの教育を受けているため、冷静沈着で何事もなかったかのように次の日からも監禁生活が続いていきました。「黙って勉強しろ」とか、決して感情的に声を張り上げたり手を出したりすることがないようにと、徹底した教育をされていました。

それから約1か月、牧師と両親と私との勉強会が続きました。

他の誰ともコンタクトが取れない閉鎖された空間で毎日毎日、教会の批判を聞かされ、私は精神的に混沌としはじめ、教会に戻っても信仰を続けていけないという状況にまで陥りました。ある日「私は統一教会を脱会します」と牧師と両親の前で意思表示しました。「なぜそう思うのか。話の内容のどこでそう思ったのか」と尋ねられましたが詳細は話しませんでした。高山牧師は、「偽装脱会をする人もいますから」と半信半疑で「村上先生に会ってもらう」と京都から村上密牧師が呼ばれました。村上牧師は、私が本当に統一教会が間違いであることを理解して脱会しようとしているのかを見極めるために、二度訪ねて来ました。?もう大丈夫だろう?と監禁場所から解放される許可が出たので、私は福山教会に脱会の意志を書いた手紙を郵送し、それから荷物を福山教会に取りに行きたいと希望しましたが、「統一教会は本当に恐ろしいところで、いったん辞めると何をされるかわからないから、二度と行かない方がいいし誰とも会わないように」と説得されました。後日東京から和賀真也牧師も会いに来ました。

私が監禁された当時から、拉致監禁によりすでに離教した姉妹たちが監禁場所へ訪ねて来ていました。それは、私が脱会してからは私の脱会意志が本物であり統一教会への未練がないかどうかを探る目的もあって毎晩のようにやって来たのです。本当に統一教会に未練がないのかどうかという心の動きは、牧師ではなく離教したメンバーが一番良く分かるからです。統一教会は飲酒はしませんが、?脱会したからもう禁酒しなくてもいいのよ?という親しみの情なのか、私の脱会の意思を確かめるためなのかは分かりませんが、敢えて缶チューハイを持って来られたこともありました。

私はその後、聖書を学び直してみようという思いから、そのワンルームマンションに少しの期間だけ一人で滞在させてほしいと、両親に願い出ました。また、高山牧師の教会に通い聖書を勉強し、主日礼拝にも何度か足を運びました。しかし、統一教会で学んだ以上に私の心を動かすものはありませんでした。主日礼拝には「これから何を信じてどのように生きていけば良いのか分からない」と生きる指針を失い、とりあえずの身の置き所として来ているような離教した数名の人達も通っていました。

高山牧師の教会の看板には「統一教会、エホバなどの異端問題の相談を受け付けています」と書いてありました。礼拝後は別室に通されました。そこには統一教会から離れたメンバー数人の他に、統一教会に子供が通っていることが分かりどうしたらよいか、と相談に来ている親御さんたちが数名いました。その時、「統一教会との関係を断つ環境で、時間をかけて説得するしか子供さんは統一教会から離れることはないですよ」という話になり、親御さんの一人が「それにはどうしたらよいのでしょうか」と深刻に尋ねると、「それは私の口からは言えないので」と高山牧師は具体的な監禁の話には決して口を挟まず、元メンバー達に誘導させていました。そこからは具体的にどうしたら良いという話に進んでいき「統一教会は反社会的団体なので、絶対に子供さんを活動に加担させてはいけない」と父兄は吹き込まれ、徐々に、監禁までしなければ子供を取り戻せないという話しになっていきました。

ある時、高山牧師から「統一教会に今まで献金したり、物品を購入したりしたことがあれば弁護士を紹介するから、統一教会に経済的ダメージを与えて早くつぶすためにも全額を返済してもらったらいい」とも言われました。

私は約1か月の間、精神的に整理をしながら両親に気づかれないように統一教会へ戻る準備をしていました。この期間にも離教した姉妹の手記や和賀真也牧師の教会批判の本など沢山持って来られ、全て目を通しました。しかし、私の中にある統一教会への信仰の核心的な部分は何をもってしても覆されませんでした。そして両親に置き手紙を書いて統一教会へ戻りました。祈祷室には私の似顔絵が描かれた色紙が立て掛けられていて、兄弟姉妹達が私のために毎日どれほど祈ってくれていたかを実感しました。

それでもそれから1年間は、再び捕まるのではないかという恐怖心に苛まれ、精神的に地獄のような日々が続きました。

道を歩いていても、前方に測道沿いに停車している車があると、その車から人がバッと降りきて連れて行かれるのではないか、また道のどこからか人が出てきて車に乗せられるのではないかなど、いつも恐怖心が付きまとい、外に出るときはサングラスをかけて歩いていました。あの堪え難い環境に再び置かれるかもしれない、という恐怖と監禁によって受けた心の傷がなかなか拭えませんでした。

愛情が動機となり批判的な情報のみ聞かされ、監禁までせざるを得なかった両親に対しては恨む気持ちはありません。今は結婚して子供二人にも恵まれている私たちに、普通の家族同様に接してくれる両親には感謝しています。しかしながら、信仰を真っ向から否定し、人権を無視した拉致監禁という行動自体は絶対にあってはならないことだと思っています。



この手記を読むと、村上ら反カルト脱会活動を率いていた牧師たちは、表向きには拉致・監禁に直接、関わっていないように見せかけながらも、脱会者の信者らを通じて、巧みに信者の親たちに、拉致・監禁以外に方法はないのだと思い込ませる説得教育を行い、子供を棄教に至らせるまでに、どのように働きかけ、振る舞うべきかを徹底教育していた様子が分かる。

まず、拉致・監禁という形で身柄を拘束された信者は、当然ながら、取り乱し、感情的になり、尋常でない反応を示す。だが、親たちはそのような反応に対して、決して振り回されることがないよう、不気味なほど冷静沈着に対応するよう徹底教育が施されていた様子が記されている。

たとえば・・・
 
・拉致・監禁された信者が、密室に閉じ込められて、すぐさま「ここから出してよ! こんなところにいる場合ではない!」と大声をあげたが、両親は全く動じることなく、「これからここで一緒に勉強しよう」と、奇妙なほどに落ち着いた表情で言ったこと。

・信者は両親のあまりにも落ち着いた態度を不気味さを感じたが、後で、監禁後に信者がどういう反応を示すか、それに親はどう反応しなければならないか、事前に牧師たちや元信者から親に徹底教育が施されていたと分かったこと。

・そのノウハウとして、牧師たちは「
両親はとにかく子供がどのような行動を取ろうと絶対に怒ってはいけないし、冷静な態度で振る舞い、一緒に勉強して行くという姿勢を見せるように」
と親たちに指示していたこと。

これはまさに村上が記事に書いている「感情的な問いかけを避ける」というテクニックだ。

だが、その真の目的は、感情的な対立を避けることにはなかった。むしろ、村上ら牧師たちが、自分たちこそ人権侵害に当たる暴力を行使していながら、その事実が世間に知れることがないよう、かえって被害を受けている信者たちを悪者・精神異常者に仕立て上げるための巧妙な心理作戦だったのである。
 
このノウハウは、監禁の最中だけでなく、信者が脱走して、世間や警察に助けを求めた時にも発揮された。

・病院へ連れて行かれた信者は、ようやく外界と接触できたので、何とかして自分が監禁されていることを告げて人々に助けを求めようと、治療中も医者や周囲の人々に「私は監禁されています。助けて下さい!」と叫び、訴えたが、かえって「周囲から精神異常者のように見られ、誰も取り合ってくれませんでした。」と述べる。

つまり、人権侵害を受けている信者が取り乱せば取り乱すほど逆効果になって、彼らが精神異常者のように見られるよう、計算づくで、牧師や親たちが極めて冷静沈着に振る舞っていたのである。

そして、脱走事件があった後でも、親たちは全く何事もなかったかのように動揺を見せず、信者を叱りつけることもなく、監禁生活を続けたのである。

「冷静沈着で何事もなかったかのように次の日からも監禁生活が続いていきました。「黙って勉強しろ」とか、決して感情的に声を張り上げたり手を出したりすることがないようにと、徹底した教育をされていました。」

以上の手記では、信者に統一教会の信仰を棄教させることにほぼ成功したと思われる最後の段階になって村上密が登場した様子が分かる。

村上は、一連の人権侵害が行われている最中には現場に姿を見せず、信者が「転向」して、もはや牧師らを訴える側に回ることはないと信じられる最後の段階になって、まるですべてが自分の手柄であることを確認するためであるかのように、「救出カウンセラー」として姿を現したのである。

村上は別の記事で、自分は今まで告訴されたこともなければ、訴えられたこともない、と書いていた。だが、それは裏を返せば、いかに自分が人権侵害の矢面に立って訴えられることがないよう、慎重な配慮を払って来たかを意味する。

そこで、現に筆者が一審で村上を訴えた際にも、村上の確たる不法行為の証拠が、筆者の手元にあったわけではない(だからこそ、一審判決は村上に有利な結果となっている)。

だが、一審は少なくとも、村上の代理人か、もしくは手足のようになって動く人間を、村上から剥ぎ取るためには効果を発揮したと言えよう。

杉本徳久が口を封じられたことにより、その後、村上密が筆者に直接の批判を始め、人格権侵害や、名誉毀損に相当する記事を書き始め、ようやく村上自身が権利侵害を行った証拠が手に入ったのである。

こうした状況下で、村上が「感情的な問いかけを避ける 」という記事を発表していることには意味がある。

村上が筆者の記事を「感情論」であると決めつけていることから分かるのは、村上が、カルト信者に対してアプローチして来たのと同じ方法を使って、筆者にアプローチしていることである。

村上は筆者に対して様々な人権侵害に及び、筆者がそれに憤りを表明すると、筆者の怒りや混乱を、傲然と上から見下ろすように、不気味なほどの冷静沈着な態度を取る。

このように振る舞うことで、彼は人権侵害を行う自分自身があたかも「正常」であって、それに憤る信者(筆者)が「精神異常」であるかのように、読者に印象付けようとしているのである。むろん、現在、唐沢治や坂井能大のしていることも、同様である。

(また、筆者が「監視されているように感じる」と表明すると、彼らがこれを常に躍起になって否定しようとする反応にも注意が必要である。)

* * *

9.聖書の神に逆らい、御言葉に逆らうカルト被害者救済活動からのエクソダス


筆者は第一審の書面の準備をするに当たり、村上密の人物像やその活動の真相に迫るため、複数のカルト被害者に接触してインタビューを試みた。

筆者は2008年に村上の教会を離れ、以後、直接、彼を見たことがなく、村上の教会で起きている出来事も、詳しく知らなかったためである。
 
こうして接触した中には、実名は明かせないが、情報だけは提供して構わないという信者もいた。村上密に対しては、ここ10年ほどの間に、カルト被害者の中でも、相当な不信感が広がり、村上が自分に不都合な事実が表ざたにならないために、いかに信徒に箝口令を敷いており、批判者がバッシング対象とされているか、語ってくれた信者もいた。

要するに、誰か信徒が村上にとって不都合な事実を口にする度に、村上が「名誉毀損だ!」と語気を荒げるので、面倒な事態に巻き込まれることを恐れて、信者は誰も彼を批判しなくなり、それゆえ、村上に不都合な事実が表ざたにならないだけで、水面下では、相当に多くの批判があり、困った事態が進行していることを教えてくれたのである。

この証言は、当ブログの記述を巡って、村上がどのような反応を示したかを見ても、嘘ではないと理解できよう。

たとえば、2009年に、甲師の物語を発表した際、筆者はこの物語が、村上をモデルにしたものだとは、どこにも書かなかった。にも関わらず、村上はこれを筆者が村上を揶揄・嘲笑する目的で「創作」したものであるかのようにみなし、早速、ブログ記事で筆者を非難して来た。

だが、実際には、甲師とは、創作上の人物であるから、村上一人だけをモデルとして作られたわけではない。筆者は、この人物に、少なくとも二人以上の実際に出会った牧師から得られたイメージを投影している。

甲師の中には、庶民的で親しみやすく、信者の相談に乗るために全国各地を飛び回るフットワークの軽い反カルト運動の活動家としての牧師の像と、学者然と知識を積み上げ、上から尊大に構えて高圧的に信徒を指導し、教団内での立身出世を虎視眈々と狙う牧師の像と、2種類の人物像が混在している。

また、山小屋教会といった呼び名や、若い独身の牧師、寺の住職、般若心経、ユビキタス・ネットワークなどは、当時、筆者が暮らしていた環境からヒントを得て作り出されたイメージである。

筆者は当時、敬虔なキリスト教の信仰を持ち続け、神を追い求め、キリスト教徒である兄弟姉妹との交わりを熱心に探し求めていたが、同時に、東洋思想の書籍が山と積まれている書斎の只中で暮らし、この思想とは何なのかという疑問を持ち、禅の関係の書物などにも目を通していた。インターネットの歴史も浅かったので、これがどう発展して行くかについても、未知数の部分があった。

そこで、おそらく、現在、この物語をもう一度、作り直すとすれば、このようなプロットにはしないであろうと思う。まず、東洋思想とキリスト教を併存させることができるかのような結論は決して提示しない。この二つの思想は、合体不可能であることが分かっているためだ。次に、甲師を生かし、若者を殉教させるなどといった結末にもしなかったものと思う。

さらに、当時、筆者が甲師、乙教会、丙教会などと、呼び名に十干を用いたのは、裁判における書証の番号の付け方をもじったのであるが、ご存じの通り、甲号証は、原告が使用し、被告の書証は大抵、乙号証となるから、甲師を霊的文脈において被告としておくためには、甲師と呼ばず、乙師にしておくべきとしたかも知れない。

そんな風に、この物語は、創作としても、世界観としても、当時の筆者の限界、未熟さを多分に反映しているとはいえ、この作品は、もともと創作が目的ではなく、反カルト運動の中に込められた反聖書性、異端性、非人間性、人権侵害、そして、何よりもこの運動が、神を信じるすべての信者に対する抑圧を目指す、神に対する冒涜的で、反逆的な運動であるという本質を明らかにすることを目的としていたので、その目的は、少なくとも、この作品の発表と同時に果たされたと言えよう。

そういうわけで、この作品は、村上の人物像を描写するために作られたものではなく、反カルト運動の非聖書的な本質を明らかにするためにこそ、作られたものなのである。村上密という人物は、反カルト運動を率いる最も成功した著名な指導者として知られているだけのことであって、実際に、村上以外の幾人もの牧師たちが、この運動に携わった。

さて、このように、カルト被害者たちは筆者の裁判のために情報提供してくれたが、不思議なことに、判決言い渡しの直前、掲示板で当ブログに対するひどい権利侵害が繰り返されるようになった頃から、100%、当ブログ執筆者の裁判から距離を置いたのであった。

ついに判決言い渡しがなされると、応援したいと言ってくれていた信者からさえ、連絡は途絶えた。

筆者は当初、それは筆者が半分しか勝訴しなかったことの悪影響であると考えていた。信者らはそれほど村上を恐れ、きっと報復があるだろうと考えて沈黙せざるを得ない状況に陥ったのだろうと。掲示板で起きている集団リンチに巻き込まれることをよほど恐怖したのかも知れないと。

だとすれば、なおさらのこと、二審では勝利をおさめなければならない、そして、この恐怖から彼らを解放するきっかけを作らなければならない、と筆者は考えた。

ところが、実態はそんなことではなかったらしい様子が、次第に分かり始めたのである。むしろ、カルト被害者は、筆者が部分的であっても、勝利をおさめたからこそ、この裁判を応援する態度を捨てたのではないか、ということがうすうす分かって来た。

それが分かったとき、筆者はカルト被害者たちに対して持っていた甘い期待を捨てて、筆者はカルト被害者救済活動そのものを、真に憎むべきものとして、これを永遠に離れ去らねばならないという決意を新たにせざるを得なかった

次の記事では、筆者が2009年にこの運動から離れ去ることを目的に、杉本徳久に送ったメールを提示するが、筆者はこうしたメールを杉本に送って、被害者運動とは訣別したいという意思表示を行う前から、筆者とカルト被害者との間には、決して超えることのできない溝があることを知っていた。

その溝が初めて確認されたのは、2008年に筆者が村上の教会を訪れた際のことである。

この時、筆者は他教会で起きたトラブルについて相談するために、数ヶ月間、村上の教会を訪れていた。しかし、村上は当時から、訴訟(と効果のないカウンセリング)以外には、何ら問題解決の手段を提示せず、筆者の相談は訴訟になじまず、事件化できないという結論が出たので、筆者は何の解決も得られないまま、村上の教会を去るしかなかった。

その頃、村上の周囲では複数のカルト被害者の裁判が進行中であった。中には、マスコミに注目された大がかりな裁判もあれば、誰にも注目されず、弁護士事務所で最後の順番を待つだけであった小さな事件もある。

筆者は村上の教会にいる間に、実際に裁判を起こした被害者信者らから直接、話を聞いたが、そうして事情を聞いているときにも、自分の相談事が、事件にするための最初の入り口の門さえ通過しなかったことに、深い悲しみを覚えざるを得なかった。

マスコミに取り上げられ、集団で記者会見などしている被害者の裁判が、まるで脱カルト運動の最大の成功事例のように語られていただけに、余計に、彼らと筆者との間には、目に見えない壁があるように感じずにいられなかったのである。

むろん、現在ならば、筆者は自分の問題に、違った形で解決手段を見つけることができるであろう。本人訴訟を起こすことも可能であろうし、その他にも、別な解決手段を見つけられるかも知れない。

だが、その当時、筆者には自ら訴訟を起こせるだけの知識も力もなく、何より、すべての問題をただ神の御許に持って行き、主のみに解決を仰ぐという信仰の姿勢が出来上がっていなかった。そこで、専門家や弁護士を頼り、数々の助言を得ようと、識者や信者のもとを訪ね、方法論を模索しようとしていたが、そもそも神以外のものを頼ろうとするその当時の筆者の態度では、仮に訴訟を起こしたところで、いかなる勝利もおさめられないで終わったろうことは明白である。

そういうわけで、筆者は2008年にほとんど絶望感と言っても良い失望を覚えつつ、村上の教会を離れ、それからしばらくの間、カルト被害者救済活動とは何なのか、神はなぜ筆者が訴訟を起こすことをお許しにならなかったのか、そこにどんな深い意味が込められているのか、理由を思いめぐらした。

長い間、筆者は教会の問題を司法の場に持ち出し、訴訟によって解決するという手段自体が、望ましくないものであればこそ、神は筆者を裁判から遠ざけられたのだと考えていた。

だが、今考えてみると、おそらく、問題の本質はそのようなところにあるのではなかったものと思う。要するに、神が筆者について、問題とされていたのは、筆者が誰の被害を訴えるために、訴訟を提起しようとしているのか、という点であったと見られる。

すなわち、クリスチャンは誰のために生きているのか、という問題がそこに横たわっていたのである。私たちは、自己の被害を訴え、自分の権利を回復し、自分が慰めを得ることを目的として生きているのか、それとも、神の被害を訴え、教会の権利を回復し、主の御名に栄光を帰することを目的として生きているのか。

この問題について、態度がはっきりしないうちに、訴訟を世に提起することには、重大な危険が伴い、神はまずその問題を熟考するよう筆者に促されたのである。

その結果として、それから何年も経って、当時は全く思いがけなかったことに、筆者はその頃、トラブル相談をしていた関係者ではなく、何と反カルト運動を率いていた村上密本人に対して、訴訟を起こすことになった。

そこで、当時から10年ほども経って、幾人かのカルト被害者に連絡を取って見たところ、すでに述べた通り、村上に大いなる疑問を持っている人たちは、かなりの数、増えていることが分かった。

そこで、筆者が事情を話すと、情報提供を試みてくれた人たちがいたのだが、筆者が一審で杉本に勝訴したとき、その関係がぴたりとやんでしまった。

筆者が部分的にでも勝訴したことを、共に喜んでくれたカルト被害者は一人としておらず、協力的だった人までが、完全に態度を翻したのである。

かつては彼らの起こした訴訟が、筆者と彼らとの間を隔てたが、今度は筆者の訴訟が、彼らと筆者とを永久に分断する壁となったのであった。

ちなみに、なぜこのようなことが起きたのかを考える際、カルト被害者の中で、訴訟に勝って賠償金を受け取った者たちは、ごく一部でしかない、ということを考慮する必要があるだろう。

多くの相談事が、当時の筆者と同じように、事件にもならない、取るに足りないものとして、闇に葬られるか、もしくは、運よく訴訟に出来ても、勝訴にも至らず、何の見返りもないまま、むなしく終わって行ったのである。

村上が勧めていた裁判という手段を通して、自己の訴えをきちんと世に認めてもらい、さらに多額の賠償金を勝ち取った例など、村上のもとに相談を持ち込んだ被害者全体の、ほんのごく一部でしかない。マスコミの注目を浴びて集団記者会見などした事例は、村上の活動を派手に宣伝するのに役立ちはしたが、相談全体の1割にもならないことであろう。

それ以外の事件では、被害者は結局、勝利と言えるものを何一つ手にできないまま、時間と労力を無駄に費やし、判決においても敗北を噛みしめ、あるいは、判決にも至らない中途半端な和解に応じたために、訴えた宗教指導者に解決金も支払わないまま逃亡されたりして、やるせなさを噛みしめながら、それでも「裁判の結果と霊的現実は違う」などという言葉で、何とか自分をごまかし、悔しさを心に抱えて生き続けて来たのである。

そのようなわけで、カルト被害者の一部は、筆者を助けてくれようとはしたものの、それはあくまで同情に基づく行為であって、おそらくは、筆者が部分的であっても勝利するなど、誰も考えていなかったのではないかと見られる。

ただ、ヴィオロンさんは、自分たちと同じようにあまりに可哀想で、追い詰められているように見えるから、見捨てておくに忍びず、手を差し伸べずにいられなかった・・・というだけのことで、まさかその可哀想な人であるはずのヴィオロンが、本当に奴隷の縄目を断ち切って、自由になるなど思ってもみなかった、というのが本音ではないだろうか。

筆者は彼らの目から見て助けの手を差し伸べてあげたい「可哀想な人」に見えたのかも知れないが、第一審を最後まで戦い抜いて、たとえ完全でなくとも筆者が勝利をおさめた時に、筆者はもはや彼らの目に「可哀想な人」ではなくなり、それと同時に、彼らと筆者との間には、永久に取り払うことのできない壁が出来たのである。

この時、初めてカルト被害者たちの本心が、はっきりと露呈したのだとも言えよう。筆者が自分の事件は訴訟にならないと、遠くから被害者たちの姿を眺めていたときには分からなかった彼らの本心が、はっきりと確かめられたように思う。

その壁は極めて強固なものであった。中には、少しでも成果が出たことを喜ばないどころか、手のひらを返したように、冷たい言葉で筆者を責め始めた者さえいた。「ヴィオロンさん、あなたは学歴もあって、知識もあるから、私たちとは違う」というわけだ。そして、筆者が訴訟を起こした行為を責め、さらに、筆者に判決を自主的に放棄するようにまで求めた。

筆者は驚いて「あなたは判決を支持しないんですか?」と問い尋ねると、判決と事実は違う、裁判所の決定は、現実とは異なる、という返答が返って来た。

「でも、あなたたちも訴訟を起こしたんじゃありませんか? どうして私の裁判だけ否定するんです?」と尋ねても、敗訴に終わった自分たちの訴訟に誤りはなかったが、部分的勝訴に終わった筆者の訴訟は間違っている、という、筋の通らない言い分以外には、返って来る返答もない。

そして、ついに最後は声を荒げて、自分たちは何があっても、筆者に負けた人間を永遠に支持する、という発言があったので、筆者はこのような考えは、もはや彼ら自身がカルト牧師の悪行として告発しているマインドコントロール同然ではないかと感じた。

むろん、彼らは別に村上や杉本から何らの支援を受けたわけでもない。ただ一時、彼らの活動を通して心の慰めを受けたというだけだ。しかも、村上や杉本のおかげで、訴訟を有利に戦って、勝利をおさめたわけでもない。それなのに、ただ一時、心の慰めを受けたというだけのことで、これからも彼らを永遠に支持すると宣言し、筆者の手にした判決を全面否定するとは、一体、どこからそんな考えが生まれて来るのだろう?

やんわりそのおかしさを指摘すると、「あなたからのカウンセリングなど受けるつもりはない、放っておいてくれ」と言いたげな冷淡な言葉が返って来た。

やれやれ、という印象であった。一審判決が言い渡される前に接触したときとは、天と地ほどの変わりようである。以前には、間違っても、被害者の中には、そのような態度を取る者はなかった。しかも、彼らは相当に村上に対しても、懐疑的な態度を表明していたのである。なのに、判決が下されると、こんなにまで変わるとは・・・。

筆者は、このような反応を見つつも、カルト被害者という人々は、要するに「可哀想」に見える人間に対しては、いたく同情するものの、「可哀想」に見えない人間には、非常に残酷で、容赦なく、他人の勝利や解放を、決して心から共に喜ぶことができない人たちなのだ、と考えざるを得なかった。

筆者が見ていた彼らの優しさ、同情、善良さは、筆者が彼らと同じように「可哀想な人」であるうちにしか、決して提供を受けられることのないものだったのである。
 
そこで、筆者は、このような人たちに、裁判の成果を少しでも分かち合ってもらおうと考えたこと自体が、根本的な誤りだったのだと、ようやく気づいた。

彼らと筆者とが裁判を起こす目的は、根本的に異なっている。そうである以上、成果だけを共に分かち合うことなど、できるはずもないのだ。

この10年間の月日が、彼らと筆者との歩みを隔ててしまった。彼らは反カルト運動に接近し、いち早く裁判を起こし、カルト化している教会が、どんなに人を傷つける恐ろしい場所になっているかを世に訴えて、世に助けを求めようとした。

だが、筆者は、信仰によって、ただ生まれながらの人間の利益が傷つけられたというだけでは、それは神の目には何らの「被害」ともならず、私たちは、御名によって呼ばれる民である以上、まず神の権益をこそ、最重要の利益と考え、自分の被害ではなく、神の被害をこそ訴えるべきという考えに立ち、自分自身のための裁判をあきらめ、この訴訟を、教会を告発するためにではなく、むしろ、教会を告発する人々を告発して、教会を彼らの恐怖による支配から奪還するために、提起したのである。

 「わたしたちが正気でないとするなら、それは神のためであったし、正気であるなら、それはあなたがたのためです。なぜなら、キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです。

 わたしはこう考えます。すなわち、一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります。その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分たちのために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。」(Ⅱコリント5:13-15)

もちろん、司法の争いは、信仰に関する事柄を争点とするものではないから、筆者が今述べていることは、訴訟の隠れたプロットでしかない。訴訟として取り上げられるためには、権利侵害という名目がなければならない。だが、筆者に対する人権侵害は、神の教会の権益が侵害されていることを訴えるための口実でしかない。筆者にとって、この訴訟は、筆者個人の権利の回復のための戦いではないのだ。

だが、カルト被害者にとっての訴訟とは、そういうものではない。彼らにとって大事なのは、自分自身が教会によって傷つけられた「可哀想な人」の立場にあることを公に認めてもらい、被害の認定を得て、何よりも、教会のカルト化という問題を、生きている限り、世に訴え続けることにある。

筆者はこの点こそ、反カルト運動の最も悪質な本質を表すものだと考えている。彼らは断じて、受けた被害から脱出するために、裁判を起こしているのではない。生きている限り、自分の受けた被害を永遠のものとして世に訴え、それによって教会を告発するために、裁判を起こしているのである。

だから、彼らは勝とうが負けようが、ほとんど変わりない結論にたどり着く。勝てば「自分たちの主張する被害が認定されて、教会による加害行為が認められた」と言って、その後も、いついつまでも受けた被害を記念する会合を持ち続け、勝訴によって与えられるはずの自由と解放を退け、神の約束して下さった完全を退ける。負ければ、「裁判と現実は違う」などの言葉で自分をごまかし、受けた判決から目を背けつつ、自分たちの被害に寄り添ってくれた人々を神格化する。

勝とうが負けようが、彼らはただ自分の心の慰めのために裁判を起こしているのであって、しかも、教会を告発してまで、自分を永久に被害者の立場に置き続けることが、彼らの目的なのである。要するに、生まれながらの人間の被害を口実に、神の教会を罪に定めるために活動している、それがカルト被害者なのだ、ということが分かって来たのである。

だからこそ、彼らは自分たちに同情してくれる支援者を、生きている限り、手放すことができない。彼らは、裁判に勝つことが目的なのではなく、神によって力強く解放されることが目的でもなく、いついつまでも教会で受けた被害から立ち上がれない可哀想な人として、同情し、憐れんでもらい、寄り添ってもらい、慰めてもらうことを目的に生きているのだ。

だから、彼らは誰かが自分たちと同じような苦しみや束縛の中でもがいている間は、気前よく手を差し伸べてくれるが、いざその人間が、その束縛から本気で抜け出し、自由になろうとし始めるとき、激しい拒否反応を示す。

それは、カルト被害者運動そのものが、人をいついつまでも永久に被害の中に閉じ込め、神が信仰によって用意しておられる自由と完全に至り着かせず、人を苦しみから永遠に解放しない運動であるためである。

本当は、教会こそ(見かけはどうあれ、その本来的な霊的な本質においては)、神が信仰によってこの世の罪と穢れから贖い出され、サタンの支配下から解放し、キリストの似姿になるまでに自由にし、完全にして下さった人々の集まりであるはずなのに、この人々は、半永久的に教会から受けた被害を訴え続けることによって、教会における自由を否定し、福音を否定し、神の贖いそのものに敵対している・・・。

彼らは自分たちを被害者意識の監獄から自由できるキリストを崇めず、彼らを永遠に被害者という檻の中に閉じ込める人々を誉め讃え、死ぬまで囚人の名札を首からぶら下げて生きることに自ら同意している。そして、不自由な監獄の中で、屈辱的な配給を回して来るだけの人間に過ぎない刑吏や、看守を、何か神々しい存在であるかのように崇め奉っている。

だから、筆者のような誰かが、自由の判決を手にして、彼らのいる監獄を出て行こうとすると、裏切り者だ、あなたの行動はこの囚人村に分裂をもたらし、他の囚人たちを辱め、悲しみをもたらした・・などと言って、筆者を非難し、筆者がいついつまでも彼らと同じように「可哀想な人」であり続けるために、何か月間もの苦労を払って勝ち取った判決を自主的に放棄するよう呼びかけるのである。

何と恐ろしい運動であろうか。こんな運動に接触している限り、誰も永遠に自由にはなれないのは当然だ。それが分かった時、筆者はかつて2009年に決意したときと同様、この腐敗した運動からは、永遠に手を切るしかない、と思った。

ちなみに、第一審では、信者の中に、客観的な証拠を揃えて、実名で証言する勇気を示した者は一人もなかったため、筆者は彼らから有益な情報を得ることはできたとは思うが、訴訟において有利になるような具体的な支援を受けたわけでもなければ、借りがあるわけでもないと思っている。

そして、神はユニークな方であり、こうした出来事があった代わりに、また別な人々を送って下さった。気づくと、切り払われた枝のあった場所には、新しい枝が丁寧に接ぎ木され、新しい芽が顔を出している。

まるで船の反対側に網を降ろしなさい、と言われたような気分である。

繰り返すが、筆者は間違っても、「可哀想な人」として同情を受け、憐れみの手を差し伸べられるために、民事で戦っているわけではない。主にあって、勝利と自由と解放を勝ち取り、被害者性を塵芥のように払い落として、キリストにある完全で新しい人のステータスを名実ともに勝ち取るために、前進しているだけである。

従って、筆者は、カルト被害者が起こした訴訟とは、自分が根本的に異なる目的へ向かっていると考えざるを得ないし、それだからこそ、今までもそうだが、これからも決して、彼らと筆者の道が真に重なることは、きっとあるまいと思うのだ・・・。

そのことがいみじくも一審判決によって明らかになったのであり、また、それだからこそ、筆者の告発は、教会へは向かわず、むしろ、反カルト運動の陣営へと向けられたのである。
 
「この幕屋に住むわたしたちは重荷を負ってうめいておりますが、それは、地上の住みかを脱ぎ捨てたいからではありません。死ぬはずのものが命に飲み込まれてしまうために、天から与えられる住みかを上に着たいからです。わたしたちを、このようになるのにふさわしい者としてくださったのは、神です。神は、その保証として”霊”を与えてくださったのです。」(Ⅱコリント5:4-5)
   
  だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。これらはすべて神から出ることであって、神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。」(Ⅱコリント5:17-18)
 
* * *

<続く>

PR

国家権力は大昔から検閲・監視・密告を統治の手段として活用していた―ASKAの事件から見えて来るもの―

・事実上の共産主義国と化した日本――残された時間で全力で国の破壊にいそしむ安倍独裁政権――
 
安倍政権による日本破壊が続いている。政策にも外交にも全く成果が出ず、アベノミクスの破綻が明らかになって、いよいよ終わりが近いことを悟った現政権は、残された時間でこの国に対するありったけの破壊行為にいそしむつもりだと思われる。

国会でろくな審議もなしに凶悪な法案を次から次へと強行採決しているのはそういう意図を込めてである。もはやこの国の民主主義はほんの建前だけ、うわべだけのものとなった。前々から国会での審議など予定調和的な出来レースだと言われてきたが、かろうじて民主主義国の保たれていたうわべだけの体裁もかなぐり捨てて、今はあからさまな安倍の自民・官僚独裁体制へと移行している。

原発の爆発のツケは国民に回し、GPIFによる年金の運用損も国民に押しつけ、消費が活発化しない分は、カジノ法案を通し、ギャンブルで国民から巻き上げようという所存である。

10年を超える休眠預金はすでに国有化されることが決まった(「貧困対策や若者支援に活用=「休眠預金法」が成立」gooニュース 12月02日 12:20)。この「忘れ去られたお金」は500億~600億ほどは存在するという。貧困対策や若者支援など、これまで政府が一度たりとも本腰を入れてやったことのない政策へ活用するというのだから、そんなことは国民の資産を国が奪うための単なる口実に過ぎないのは明白である。この休眠預金の国有化は来るべき預金封鎖へとつながる初めの第一歩になるのではないかと囁かれている。

これから先、肥大化した官僚機構に率いられる国家権力が少子高齢化(と原発事故の影響による人口の著しい減少から生じる)財政難を乗り越えるために、いかに国民財産のありったけを強制的・合法的に収奪できるか、国会はただそのためだけの法整備の場所へ変わるものと見られる。
 
筆者は、この国はずっと前から事実上の共産主義国であると述べて来たが、いよいよ一人のカリスマ(というのにはあまりにも力不足だが)政治指導者のもとで、事実上、独裁化した中央集権が国民を徹底的に抑圧し、収奪するという、共産主義国には欠かせない政治形態が整ったと言える。もはや天皇さえも国家権力による抑圧のための飾り物のようにされてしまっている。
 
安倍は「美しい国」という偽りの夢(存在しないユートピア)を口実に、とことん人を騙し、国を滅ぼして来ただけで、何一つとしてこの国にリアルな成果を提供することはできていない。

安倍晋三を率いているのは、共産主義や、統一教会、ペンテコステ運動、国家神道を率いる悪霊と同じ種類のカルトの霊であって、これは偽りの父である悪魔から出て来た霊である。
 
安倍の政策は、ペンテコステ運動などと同じく、そもそもの最初から最後まで徹底的な詐欺の仕掛けなのである。その嘘の仕掛けは、かつてソ連が共産主義という、絶対にやって来ない夢を担保にして、とことん国民を騙し、巻き上げたのと同じである。
 
強行採決は、この偽りの霊が、安倍晋三というリーダーを現人神化し、残された時間内で、この人物を通して、とことん民主主義を破壊し尽くすという意志表示である。これを放置していれば、この国は暗黒時代に突入するだけである。


・偽りの北方領土返還の夢――無い夢を担保に、米国とロシアの二国にATM扱いされる悪夢をこの国はどう防ぐのか――

安倍は「強いロシアを取り戻す」というスローガンを掲げるロシアのプーチン政権に自分と同じ思想を見いだし、それゆえ親和性を感じ、個人的な親交を結ぼうとして来たわけだが、日ロの首脳会談は、今やまるで狐と狸の化かし合いのようになって来ている。

むろん、両方が精神性においては詐欺師と言って差し支えないのだが、こういう場合は、悪がより強い方が勝つと相場は決まっている。悪が強い方とはむろんロシアのことであって、この国の闇の深さは、これまで70年間平和を保って来た我が国の想像をはるかに超える。

一説によると、本物のプーチンはすでに死亡しており、現在のウラジーミル・プーチンは替え玉によるなりすましだと言う。プーチンの別れた元妻さえ替え玉であると証言しているというのだ。

長い間、筆者はそんな話はロシアを悪魔化するためのプロパガンダに過ぎないと考え、取り合わずに一蹴して来たが、最近になって過去の動画を比較してみると、確かに、以前のプーチンとは声も顔も違う。身体的特徴も異なれば、声のトーンも違う。


 

若い頃のプーチンには表情にどこかしら敏感で神経質そうな個人的特徴があったが、現在のプーチンには、それが見られず、物腰は訓練された工作員そのもので、電話機や銃を持つときの仕草にその特徴がよく表れている。面長だったプーチンの顔の特徴が丸く変わっており、目の色も変わっていると言われている。かつては流暢に話せたはずのドイツ語では、通訳を介さなければ意思疎通ができなくなった。

 

(秋田犬ゆめ、飼い主から撫でられそうになると顔を背け、逃げ去る)

プーチン死亡・替え玉説という話は深入りせず、この辺でさて置くとしても、こういう話を冗談として一蹴できない国がロシアなのだ。

話を戻せば、安倍が拙速なトランプ詣でをしたことによって、以下のニュースにも見るように、北方領土の返還は、ますます一層、遠のいたと言える。もはや日本は完全にロシアにいいようにあしらわれている様子がよく分かる。
 

岸田外相、プーチン大統領と会談 交渉の難しさ露呈フジテレビ系(FNN) 12/3(土) 1:14配信、から抜粋

岸田外相は、ロシアのプーチン大統領との初めての会談に臨んだが、2時間という、大遅刻の洗礼を受けた。
さらに、ロシア側との交渉の難しさが露呈する出来事が、次々に起こった。1時間50分遅れで始まった会談では、待たされていた岸田外相の前に、笑顔のプーチン大統領が現れ、会談は30分で終わった。
これに先立ち行われた国内行事で、プーチン大統領は、会談の予定開始時刻を1時間すぎても、雄弁に演説し、あわてる気配はない。
 思いがけないハプニングは、これだけにとどまらず、日本時間2日になって、ロシア側から日本側に、会談の出席者を4人から3人に絞るように要請があり、ロシアを担当する欧州局長が協議に入れない事態になった。


 筆者は必ず、こういうことになるだろうと前もって告げておいた。北方領土問題には、1%も希望などもともとなかったのだが、それでも、領土問題に進展がないのだと分かれば、即座に経済協力をひっこめ、プーチン大統領の訪日も中止するくらいのしたたかな駆け引きが日本の首相にぜひとも必要だった。しかし、安倍にそのような決断が出来るはずがない。

仮にもしもここ数年間に起きた日ロの急接近の中で、北方領土返還のチャンスが1%でも我が国にあったとしたならば、それはただロシアが米国に睨まれて国際的に孤立し、悪魔化されて包囲されていた他ならぬその時期だけであったと言えるだろう。だが、その間に安倍政権はロシアに近寄ることなく、むしろ、公然と対ロ制裁に加わった。そして一時はあわや世界大戦勃発に至るかと見られた米国とロシアとの対立も、今はトランプが次期大統領に選出されたことによって、ロシアにとっては緊張緩和の見込みが開けている。そんなバラ色の期待が高まっている今の時期のロシアにとって、わざわざ米国の傀儡に過ぎない日本の安倍政権に自ら歩み寄り、助けを求めねばならないような必然性はまるでない。

むしろ、この先は、米国とロシアとがタグを組んで可能な限りこの自立できない卑屈な属国を踏みつけにして、カモれるだけカモろうという態度を明白にしないように、釘を刺しておかなくてはらない時期に入ったのだ。確かに、安倍氏はそのようなことをされて仕方がないだけの卑劣な二枚舌外交を発揮して来た。自分が最も困難に陥った時期に、敵に回り、信頼と友情を確固として示さなかった人間に、誰がその人間が困ったときに救いの手など差し伸べるであろうか。そういうやり方は、人間関係にも通用しないが、外交としては完全な失敗である。

しかしながら、筆者は、たとえこの国のトップが狡猾な外交作戦を展開できうるだけの頭脳を持っていたとしても、やはり安倍政権の存続中に北方領土が返還される見込みは、初めから1%も存在しなかっただろうと考えている。そのようなことがもし起きうるとすれば、それはこの国が米国のくびきを断ち切って、完全に自立を成し遂げたその後のことである。

もともとロシアから見て、今の日本は米国の延長のようなものに過ぎない。そして、米国はロシアにとってずっと前から仮想敵なのである。日本が米国と共に対ロ制裁に加わった事実は、日本が自ら米国の手足に過ぎないと名乗り出たも同然であり、その記憶はロシアからこの先も決してなくなることはないであろう。いざとなればいつでも敵に変わり得るような国と見えているのだから、そんな国に、どの国が1ミリたりとも領土を明け渡すことがあろうか。そうでなくとも、どの国も自国の領土は1ミリでも大きい方が良いと考えるはずだ。普通に考えさえすれば結論は最初から見えている。

実際は、北方領土返還のテーマもまた国民を欺くための安倍のトリックに過ぎなかったのだが、安倍自身も、それが偽りの夢でしかないことに気づいていなかった可能性がある。

だが、こうした楽観の結果、日本は米国のみならずロシアからもATM扱いされ、国際的に自立できない国として蔑まれ、孤立して行く危険性に直面しているのだと言えよう。だが、ヘタレ国家のヘタレ政権には、そうなってもまだ、このくびきを跳ね返すだけの勇気も力もなく、自分たちが屈従を強いられている分の腹いせを、これから先、すべて国民に向け、国民をいたぶることで晴らそうとして来る可能性がある。それが最悪の結末である。


・強制集団化の始まり――原発事故処理の収束という天文学的負債を国家の破綻を経ずに乗り越えるには、国家が国民を徹底的に抑圧するしかないという悪夢――
 
いずれにしても、少子高齢化の中、半永久的に終わらない原発事故処理という天文学的な負債を抱え、これから先、財政難へと急落して行くことが目に見えている国である。その限りない負債をやりくりするために、この国では、この先、私有財産の国有化がなされ、徹底的に国民の資本と労働力を収奪するための強制集団化が始まるものと見られる。(ただし、こうした現象が起きるであろうという筆者の予測は、実のところは、日本だけでなく、米国やロシアにも当てはまるのだが、そのことは今は置いておく。)

さて、強制集団化とは何か。それは国民の労働力と財産を最後の一滴に至るまで搾り取って国の財産へと変えるための制度づくりである。安倍による農協潰しは、コルホーズ・ソフホーズの建設を思い起こさせる。マイナンバーも、国民財産と労働力を合法的に収奪するために活用されるであろう。いずれマイナンバーは体内埋め込み型のマイクロチップに取って変わり、その刻印を受けた人々はみな「マトリックス」に奴隷として拘束される仕組みが完成すると考えられる。

さて米国では、このほど、時期米国大統領に選出されたトランプの支持者であり、同氏の選挙チームの有力メンバーでもあった人間が、第二次世界大戦中の日系人強制収容所を手本として、米国で移民向けに強制収容所を建設することに言及したという(「「イスラム教徒の入国管理には、戦時中の日系人強制収容が前例になる」トランプ氏支持者が発言」The Huffington Post 投稿日: 2016年11月18日 17時15分 JST   更新: 2016年11月18日 17時31分 JST)

以前からネット上では、全米各地に大規模な強制収容所の建設が進んでいるといった話や、大量の棺桶が用意されているなどの怪しい話が飛び交って、国民に対する大規模な弾圧が行われると言われて来たが、こんな発言を見ると、以前には都市伝説や、流言飛語と思われても仕方がなかったような話が、いよいよ現実味を帯びて来たように感じられる。

つまり、米国は未来のトランプ政権下で、いよいよ本格的に戒厳令国家へと変貌しようとしているのではないかという予想が起きて来るのである。実際、米国民が最も懸念している点はそこであろう。移民抑制など単なる口実に過ぎない。まずは人権抑圧の最初のターゲットとなるのが、トランプが幾度となく憎しみを向けて口撃して来たマイノリティであるというだけで、最終的にはトランプ政権にとって不都合なすべての米国民は、みな強制収容所行きとなる危険を覚悟しなければならないような世の中になるのではないか。それがトランプ一人の治世で終われば良いが、米国の政権の特徴として後戻りできない形で浸透してしまう危険が考えられる。
 
そうなった場合、米国との腐れ縁を断ち切らない限り、我が国も、米国に続いて戒厳令国家へ突入することを免れられなくなるであろう。なぜなら、これまでの歴史的経験から、米国で起きたことは、数年遅れて、我が国の現実となって来たということが言えるからだ。たとえば、官僚だけがヒーローとなって、国民は恐怖に逃げ惑うか、もしくは移動も制限されて、家屋に閉じ込められて、TV画面を通じて報道される大本営発表を固唾を飲んで見守るしかない、という『シン・ゴジラ』のストーリーなども、未来の予表として描かれたものであるように思われてならない。

だが、一体、なぜ国家がそのような戒厳令下の世の中を用意せねばならないのか? 何のために国民の人権を抑圧するのか? それは、いよいよ国家が財政難その他のために経済的にも道徳的にも落ちぶれて行き詰まり、信用を失って崩壊の危機に瀕し、己の生き残りだけが全てとなって、いよいよ犯罪政権としての性質と正体を隠せなくなって来た時に、それでも滅亡を免れるためには、国民から収奪を強化し、手ひどいやり方で反対を封じ込めるために、国民の人権を大規模に抑圧することしか、残る方法はないからだ。

かつての一億玉砕と同じである。国の面子が保たれ、国体が護持されるためであれば、国民が残らず死んでも構わないという発想である。そのような発想の下では、国民は文字通り、犯罪性を帯びた政府と心中させられることになる。
 
だが、人は通常、自分自身の幸福のために生きているのであり、誰も強いられない限り、「お国のために」生きようなどとは考えない。だから、国民の財産と労働のすべてを国家のために合法的に供出させる仕組みを作るためには、まず、国策に反する者は誰であれ、権力の判断で恣意的に逮捕でき、人権(財産権を含む)を放棄させるような仕組みを作らなければならない。強制集団化のような過酷な政策の実施は、流血を伴うのであり、まずは国策に従わない国民から人権を奪って強制的に収容所に送って奴隷労働に従事させるなどの恐怖政治の仕組みを作らない限り、実行できない。
 
だが、初めから、権力のために国民の人権を抑圧しますなどとは、おおっぴらに言えないので、緊急事態や、外敵の脅威を口実に、国内で恐怖政治を常態化させるのである。しかも、最初から国民全体を縛るためにと言っては誰も同意しないので、最初はあくまでごくごく一握りの社会にとって不都合な、国民全体にとって脅威となりうる集団だけを取り締まり、排除するのだと言って、人権抑圧の仕組みを作り、作った後で抑圧の対象を無限大に広げて全国民を取り締まるのである。こうして戒厳令国家の仕組みが成立する。


・国家権力は大昔から検閲・監視・密告を統治の手段として活用していた――ASKA逮捕の事件から見えて来る監視社会――

ところで、筆者はCHAGE&ASKAのファンではなく、この事件にそんなに興味もないが、この度のASKAの逮捕という出来事は、以上のような文脈において、実に象徴的・暗示的であったと思うので触れておきたい。

このほど、二度目に逮捕された歌手のASKAは、本人の言によると、盗聴盗撮の被害を訴えて警察に被害届を出そうと通報したところ、その言い分が「薬による幻覚」であるとみなされて、自身が逮捕されてしまったという。
 
芸能人であるとはいえ、政治家でもない人間が、何らかの犯罪被害を訴えて警察に通報したことがきっかけとなって、逆に自分が疑われて逮捕されたというわけだから、これは人々を震撼させる出来事であり、この日本社会の大きな曲がり角である。

ASKAは週刊誌では脳が壊れたなどとしきりに笑い者とされ、危険な薬中毒患者だから何をされても仕方がないかのような報道がされているが、世論はASKAにかなり同情的で、この行き過ぎたバッシングに拒否反応を示し、真相を疑っている。

実のところ、ASKAに起こったことは、明日には国民全体に誰でも起きうる現実である、と言える。それが分からずに、ASKAを特別な人間と考えて笑い者とし、人権侵害を正当化している人間は、よほど愚かである。

ASKA逮捕が、当局によって周到に仕組まれた計画のもとに行われた罠であったろうことは、逮捕前からメディア中ですでに逮捕の予告が公に報道され、乗ったタクシーの映像まで勝手に公開されるという異常な状況から容易に推測される。

つまり、ASKAが逮捕されるはるか前から、警察、メディア、民間企業などが連携プレイを行って、本人に対する監視体制を作り上げ、網で魚を捕えるように、ただ逮捕の機会を伺っていただけであるとみなさなければ、そういう事態は起き得ないのだ。
 
(「ASKA逮捕を事前予告して“見せ物”に! 清原逮捕に続く警視庁組対5課の情報操作とそれに乗っかるマスコミの手口」 LITERA2016.11.28.などを参照。)

このようにメディア・警察・民間企業の見事な連携プレーを見せられると、「盗聴・盗撮されている」というASKAの言い分が、逆に正しかったのではないかと見えて来るのも当然である。
 
ちなみに、タクシー内の映像ではしっかりと運転手と話をし、料金を支払っているASKAの姿が映っているようなので、覚せい剤の影響で脳が壊れたとの公式発表を完全に否定する証拠となっている。

もちろん、ASKAの逮捕が、年金カット法案や、廃炉費用の国民負担や、カジノ法案の強行採決など、政府の実行しようとしている恐るべき凶悪な国民の権利抑圧の政策を覆い隠すためのスピン報道として存分に用いられたことは疑いの余地がない。だが、この事件は、スピンだけが目的の全てではなかったものと思う。

ASKAはこの逮捕がなければ、活動を再開する準備が整っており、今回の二度目の逮捕は(一度目の逮捕に至る経緯も周到に計画されたものであった可能性が高いが)、社会復帰を妨害する上で重要な役割を果たした。中でも、特に、ASKAが執筆しすでに公刊が近かったとされる『盗聴国家・日本』の出版を妨げるために極めて重要な役割を果たしたのは見逃せない。

(「ASKA容疑者 著書執筆中だった テーマは「盗聴国家・日本」」 スポニチ 2016年11月29日 05:30参照)

ちなみに、今でもごく普通の生活レベルで人々が接触する街の交番や警察署のお巡りさんは、道に迷った人にも親切で、気前も良く、そんな街のお巡りさんだけを見ていたのでは、警察が凶悪な組織だという印象は持ちにくいであろうが、しかし、それはあくまで警察組織の最下層の話であって、組織の上層部はこれとは全く異なる性質を持っているものと考えられる。国家権力の一部としての警察組織が恐るべき腐敗・犯罪性に陥っている可能性については、たとえば、神戸の児童連続殺傷事件についての少年A君冤罪説に関する一連の記事の中でも触れた。

今日、国民の誰かが仮に自転車盗難などの被害を訴えて交番に赴いたからと言って、自らが窃盗容疑で逮捕されるようなことはないと思うが、ASKAの事件は、これから先、平凡な国民が、本気でこの国の闇・タブーに触れるような何かの事件を告発する側に回ると、それをきっかけに、警察を含め、国家権力全体から監視対象としてマークされ、社会活動が不可能となるような妨害を受け、警察に何かを相談しても、かえって疑われ、狂人扱いされ、逮捕され、隔離されるきっかけとされるような、恐ろしい社会が到来しようとしていることをよくよく物語っているように見受けられてならない。

筆者はASKAをかばいだてするためにこう言うのではなく、国民に対する権利侵害に鈍感でいると、それがいずれ全国民の身に降りかかって来ることになると言っているのである。芸能人だから、再犯を疑われたから、自分とは扱いが違うとみなすのは誰しも早すぎるであろう。
 
仮に今、ASKAが訴えた盗聴・盗撮の被害は事実であり、この度のASKA逮捕は、この組織的犯罪を隠すための国策逮捕であったと仮定しよう。

すると、浮かび上がって来る疑問は、これら二つの間には密接な関連性があって、集団ストーキングは連携プレーによる逮捕と同じく、国家権力が不都合な人間を抑圧し、追い込むための闇の統治手段ではないのかということだ。

集団ストーキングという用語は、ネット上で調べると、カルト宗教から脱退した人への報復措置として言及されていることが多く、ネット以外の世界では、そういう話は、ほとんどが薬による幻覚か、もしくは、統合失調症のもたらす妄想として片付けられて終わっているようである。いずれにしても、現実世界はこのような問題の存在自体を頑なに否定しているのである。

だが、盗聴・盗撮という問題を単純に妄想と片づけるのは極めて愚かなことである。何より、ソビエト・ロシアの歴史を知っている者として、ここではっきり言えるのは、国家権力による盗聴・盗撮は、何世紀も前かられっきとして存在しており、いわば使い古された手段であって、何ら個人の妄想の産物でもなければ、新しい発想でもないということである。

全体主義政権は、いつの時代も、自らの政策の異常さ、残酷さ、誤りを、民衆の心に単純に訴えかけるアートの形で発表されることを何よりも嫌がった。そこで、政治家だけでなく、詩人、作家、音楽家など、芸術家をとりわけ厳しい監視対象としたのである。

たとえば、19世紀ロシアの詩人レールモントフは次のような詩を書いた。
 

Прощай, немытая Россия,
Страна рабов, страна господ,
И вы, мундиры голубые,
И ты, им преданный народ.

Быть может, за стеной Кавказа
Сокроюсь от твоих пашей,
От их всевидящего глаза,
От их всеслышащих ушей.



この詩には違うバリエーションもあるようだが、今はこの詩に正確かつ芸術的に完成された訳をつけることは目的とせず、単に意味を大まかに理解するだけに専念したい。もし逐語的に訳せば、次のような意味になるだろうか。

さらば、*無割礼のロシアよ、
奴隷らの国、ご主人様らの国、
おまえたち**青い制服にも、
奴らに忠実な民衆にも。

(注*無割礼と訳した言葉は、原語では「洗礼を受けていない」の意味、つまり、野蛮な、下品な、といった意味合い)
(**青い(空色の)制服とは、帝政ロシアの憲兵の制服)
 
ひょっとして、*コーカサス山脈の向こうまで行けば、
おまえの**官憲から逃れられるかも知れない、
奴らのすべてを見通す目から、
奴らのすべてを聴く地獄耳から。

(注*=僻地への兵役や流刑の方が都にいるよりもはるかにましだという意味)
(**原語では、パシャというオスマン帝国軍司令官の称号、複数形)
 
レールモントフがこの詩の中で激しい侮蔑と嫌悪感を示して糾弾しているのは、帝政ロシアの巨大な権力機構によって国民の間に徹底的に張り巡らされた監視・密告・検閲体制である。当時、ロシアの帝政権力による検閲は、ただ単に政治的な出版物やパンフレットの検閲だけでなく、あらゆる分野の出版物に及び、国民のあらゆる会話の監視・盗聴と、それに基づく密告が行われていた。貴族であっても、この監視体制から逃れられる者はいなかった。

このような徹底的な監視・密告・検閲体制は、ロシア国家の不治の病として、この国の歴史に深く刻まれ、ソビエト体制にも受け継がれる。帝政ロシアが権力を批判する文書を細部に至るまで統制し取り締まっていたと同様、特にスターリン体制になって以後のソビエト権力は、国内のすべての文書を厳しく事前検閲して取り締まりの対象とし、国民のあらゆる会話を盗聴し、国民同士による盗聴・密告体制を作り上げて、国家にとって不都合な人間を排除する手がかりとした。ソルジェニーツィンが収容所群島と呼んだ強制収容所には、国民同士の密告に基づいて「人民の敵」とのあらぬ嫌疑をかけられて秘密警察により逮捕され、証拠もなく有罪にされた数知れない人々が送られた。

だが、ソビエト体制になるよりもずっと前に、レールモントフが自らの詩に描いたのが、まさにこれと同じ世界であった。この詩人にとっては、それこそが「ロシア」であり、ロシアとこの盗聴・密告・監視システムは切り離せないものとして一体化して機能している。しかも、その奴隷のシステムは国家権力だけが独断で作り上げたものではなく、民衆の自発的協力と一体になって成立しており、そのようにして権力に自ら迎合し、媚びへつらい、屈従する国民の卑屈さ、精神的奴隷ぶりが、この誇り高い詩人には我慢がならなかったのである。

今日のロシア人は、この詩はシニカルに過ぎるものとして否定したがるかも知れない。そのような卑屈な奴隷根性を国民的歴史としては認めたがらないであろう。だが、これはロシア国家の不治の病であり、今日もそうした体質は変わらない。ロシアという国に対して幻想を持つのは早くやめた方が良いであろう。

筆者はかつて半数ほどがロシア人から成る小規模な仕事場で働いたことがあったが、そこで、毎日、毎日、ロシア人の集団と顔を合わせているうちに、普通ならば、国際結婚でもしなければ見えて来ないような彼らの国民性の負の部分を間近で観察することになった。その結果分かったのは、ロシア人には自分たちは虐げられているという被害者意識による団結力はあるが、それがあだとなって、自ら監視・密告体制を作り、信念を持たず、浮草のように力の強い者から力の強い者に流れ、何度でも寝返りながら、本心を隠して媚びへつらうという無節操ぶりであった。ロシア国民の大半はこのような無節操な人々から成ると見て良い。筋を通して権力に戦いを挑む真のインテリなど極めて稀である。

そのようなわけで、我が国の現状を相当に辛辣に批判する数多くの人々が、米国嫌いの反動のためか、今もロシアには甘い点をつけ、淡い期待を託している現状を、筆者は残念に思う。

たとえば、兵頭正俊氏でさえ「南スーダンの黙示録」(2016年12月1日)において次のように語っている。
       
 

2015年にノーベル文学賞を受賞したスベトラーナ・アレクシエービッチが日本にきている。

11月28日に、東京外国語大学で講演して、「日本には抵抗の文化がない」と発言した。福島第1原発破壊の福島を視察して、被災者から国の責任を追及する声が少ないことに驚いたものである。

福島で目にしたのは、日本社会に人々が団結する形での『抵抗』という文化がないことです。祖母を亡くし、国を提訴した女性はその例外です。同じ訴えが何千件もあれば、人々に対する国の態度も変わったかもしれません。全体主義の長い文化があったわが国(旧ソ連)でも、人々が社会に対する抵抗の文化を持っていません。日本ではなぜなのでしょうか

「全体主義の長い文化があったわが国(旧ソ連)でも、人々が社会に対する抵抗の文化を持っていません」という言葉をそのまま受け取るわけにはいかない。ロシアは、世界史に残るロシア革命を成し遂げ、またその革命が裏切られると、ソ連邦をも倒した

 
隣の芝生は青く見えるのであろう。だが、アレクシエーヴィチはロシアという国を十分に知った上で、以上のように発言しているのだ。それは知らない者に否定できる見解ではない。さらに、ロシア革命は、今日の言葉で言うカラー革命の一種であり、ソ連崩壊も同じことである。それらは決してロシア人の勇敢な抵抗の精神を物語る立派な歴史的事実ではない。とにかく、ロシアを色眼鏡で見て甘く評価することは、相当に危険である。この国の流血の歴史に比べれば我が国の方がまだ幾分か罪が軽いとさえ言える。
 
またもや話がロシアに飛んだので、ASKAの話に戻らねばならないが、ASKAが訴えている盗聴・盗撮などといった手法は、以上に記したように、何世紀にも渡り、国家権力が国民を取り締まり、統治を強化するために実際に用いて来た闇の手段なのであり、何も病人による筋の通らない戯言ではなく、さらに、公権力を批判する者が「狂人」や「病人」扱いされるという歴史も、今に始まったことではないのである。

いつの時代にも、国家権力は、人々が何千ページもある難解な論文や報告書を書いて政権を批判することよりも、絵画や、音楽や、詩などの、人の心に単純に訴えかける、民衆に広く理解される単純な形式による政権批判の方を目の敵にして取り締まって来た。
 
何千ページにも及ぶ論文は、読む人も限られるが、わずか数十分のプロモーション・ビデオなどは、誰でも容易に理解できる。

筆者が何を言わんとしているかもう分かる人もいるかも知れない。ASKAが訴えたような執拗かつ大規模な集団ストーキングが、もし国家権力と結びついたものであった場合、一体、それは何を理由として始まったのか。何がきっかけで、同氏はそれほど激しい妨害にさらされることになったのか。
 
誰でもすぐに思いつく重要なきっかけの一つは、 CHAGE&ASKAがかつて宮崎駿監督のスタジオ・ジブリの制作により、反原発をアピールする以下のプロモーション・ビデオ"On your mark"を作ったことである。「ああ、またもや、原発反対派による国家権力による陰謀説か。そんなものは聞き飽きた」と一笑に付すのは簡単だが、少し待ってもらいたい。
  


このプロモーション・ビデオは、Wikipediaの記述によれば、最初に公開されたのは1995年で、その後も、コンサートツアーで使われたり、2005年にはスタジオジブリのDVDにも収録されたりして、問題なく公開されていた様子なので、その事実を見る限り、最初からこのビデオが問題作として当局からの攻撃の対象となったという事実は全くないものと考えられる。

おそらく、福島原発事故が起きるまでの間は、かなりディープな問題提起がなされているとは言え、それほど物議を醸すことのない比較的無難な作品であったように思われる。

しかしながら、3.11後、権力にとって、このプロモーション・ビデオは、それまでとは全く違った意味合いを持つものとなった。すなわち、原発推進という「国策」に真っ向から逆らう、「権力に盾突く」深刻かつ見過ごせない内容の「危険作品」になったのである。

特に、当のASKA自身が明白に反原発のプロパガンダの意味を込めてこの作品を利用しようとしたことが、余計に当局の反発を買ったのではないかと予想される。

このプロモーション・ビデオのタイトルは、CHAGE and ASKAのライブとしては6年ぶりに予定されていた再始動の意味を持つスペシャルライブ2013“On Your Mark” にも大々的に利用されていた。このライブは、ASKAに「一過性脳虚血症の疑いがある」という理由で延期され、その後、完全中止になったが、この時につけられた病名が本当に正確な診断であったのかどうかについては色々な憶測が飛んでいる。

ASKAが最初に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されたのは、2014年5月17日であり、この逮捕の影響により、それから約1か月後の6月18日に予定されていた上記のビデオの「宮崎駿監督作品集」の特典映像としての収録が中止になった。

筆者は、ASKAの覚せい剤使用の容疑が全て捏造であったと言っているのではない。おそらく一度目の逮捕の容疑は事実だったのだろうと想像する。だが、芸能人と暴力団や薬の使用との結びつきは、ASKAに限らず、あまりにもありふれた話でしかなく、当局はそのようなことはすべて知った上で、いつそれを大々的な事件として取り扱うかということだけに焦点を絞っていた可能性が高い。

当局は、有名人CHAGE and ASKAの華々しい再デビューと、反原発のプロパガンダのビデオが一つに結びついて、大々的に国民感情を揺さぶる現象を引き起こすことを何より恐れ、一計を案じたのではあるまいか。これを防ぐために、ライブの中止に向けて逮捕を計画しただけでなく、ASKAの名誉を徹底的に貶める執拗な報道によりビデオの信憑性を国民に疑わせ、その普及を阻止すべく手を打ったのではないかという見方が可能である。
  
さらに、上記のプロモーション・ビデオの他に、当局の恨みを買うきっかけとなったもう一つの事件が、ASKA自身が、(おそらくは国家権力と結びついた)大規模な盗聴・盗撮のシステム(集団ストーカー)の存在を告発しようとしていた事実である。

集団ストーカーの存在は、これまでネット上の妄言とされるばかりで、芸能人や著名人がその存在を認めることはほとんど無かった。影響力の大きい著名人の発言だけに、余計にそれが社会的に認知される前に早々に闇に葬る必要があったと見られる。

ASKA本人の手記によれば、同氏がこの問題に深入りするきっかけとなったのは、身近な他者が集団ストーカーの被害に遭い、自殺したという事件から生じた慙愧の念と義憤だったようである。同氏の手記を額面通りに受け止めるなら、他者の無念を晴らそうと、自らその事件に深入りしているうちに、組織的な盗聴・盗撮集団の存在を突き止め、これを追跡しているうちに、自身がターゲットとされたということになる。

だが、ASKAの手記を読むと、同氏は人を信じやすく、正義感が強く、疑うことのできない人柄の持ち主であったように見受けられてならない。そういう性格の人間を闇の中に誘導して陥れるには、親しい知人を痛ましい事件に巻き込むだけで良い。だから、真相は分からないとはいえ、監視集団の真のターゲットは、初めからASKAだった可能性も考えられる。

こうしたことは、栩内香澄美容疑者についてもあてはまる。ASKAはこの女性をも疑うことができないでいる様子だが、パソナにおける会長秘書という役職を考えるとき、おそらくこれは普通の人間ではないだろうという印象が拭い去れない。彼女はもともと一定の目的で派遣されたエージェントであった可能性が考えられる。道連れに逮捕されたのは目くらましで、当局の真のターゲットはもともとASKA一人だったのではないだろうか。
  
今回、二度目に逮捕される直前、ASKAは盗聴・盗撮集団の存在について、次のように言及していた。
   

  「ASKA容疑者 謎の言葉「ギフハブ」とは?」daily sports 2016.11.30 によると、
 
「同容疑者は警視庁に28日に逮捕される約5時間前に宮根誠司キャスターと電話で話し、その模様を29日に同番組で放送した。その際、同容疑者は「組織があるんですけど、ギフハブっていう。そこが組織を作って今…」などと自分の行動が監視されていると訴えていた。」



そこでASKAの語った具体的な内容は次のようなものだったという。
 

「ギフハブ」っていう組織があるんですけどそこが組織を作って。
今AR(拡張現実)っていう仮想現実なんですけど僕のいるところを映したりして。
携帯の中にそのアプリが埋め込まれてたんですよ。その証拠もとってるんですね。」


この秘密組織の存在は、様々な場所で、ASKAの妄想と幻覚を示す証拠のように嘲笑されているが、本当にすべてが作り話と決めつけられるであろうか。

何しろ、スマートフォンを含む携帯電話が、人々の位置情報、通話内容を含め、音声の盗聴及び盗撮に利用されうること、携帯電話を通して得られた情報をすでにCIAなどの大規模組織が大がかりに利用していることは、エドワード・スノーデンなどもすでに指摘していることであり、何ら新しい情報ではない。

それはあくまで米国の話だと我が国の人々は思って安心している。しかしながら、もしASKAの証言により我が国においても、同様の大規模監視集団の存在があることが明るみに出れば、人々はパニックに陥り、携帯電話を二度と使わないと決意するであろう。そのようなことを防ぐために、こういう話は早めに「妄想」と決めつけるのが手っ取り早い。病気でないなら、薬による幻覚、脳の破壊ということにして、「妄想の持ち主」を徹底的に見せしめに嘲笑すれば、そんな「作り話」は誰も口にしなくなる。

ところで、ARを作って、そこに現実の人物を置くことで、現実世界のパラレルワールドを作り、人間を監視するという、ASKAの語る監視手法は、上記のプロモーション・ビデオの中にもヒントがある。

"On your mark"のストーリーは、すべてがパラレルワールドから成り立っているとも言える。まず、そこでは、現実世界は放射能に汚染されて、人が住めなくなっており、人々は地下に現実を模した人工都市を作って、そこをあたかも現実世界のように思って生活している。それは人々を人為的に閉じ込める一種の「マトリックス」である。

この自由なき地下社会を支配しているのは、現実世界を放射能に汚染させて人が住めないようにした犯罪者政府であり、その犯罪者政府が、いかがわしいカルト宗教と手を結んで人心を統治しているというのが、このビデオの動かせない「現実」である。



ちなみに、このカルト宗教の掲げる標語"God is watching you"「神はあなたを見ている」は、この宗教の第一目的が、全ての人々を「監視する」ことにあるとよく物語っている。要するに、「おまえらはみな監視されているぞ」という脅し文句である。この宗教はフィクション版のフリーメーソンであり、そこで言う「神」とは悪魔を指す。

このすべてが裏返しのフィクションにおいて、主人公は、警察官の職に就いている友人同士の二人である。だが、二人がカルト宗教団体に突入するというストーリーの始まりは、そこからしておそらくはすでに幻想であり、妄想であると筆者は思う。

本当は、この世界においては、犯罪者政府とカルト集団による支配から逃れられる者は誰一人いない。現実における主人公は、カルト宗教・政府の手先としての「官憲」でしかないであろう。だが、ちょうど映画「マトリックス」がそうであるように、現実の欺瞞に気づき、これに耐えられなくなった主人公が、この「マトリックス」を脱し、勇敢に巨悪と闘うる正義の味方となるという「夢」を一人、空想の内に思い描くのである。

この「夢」の中で、主人公はカルト宗教にとらわれていた一人の翼ある少女を救出するというミッションを帯びる。が、何度も失敗しては、また最初からやり直しになる。ゲームのように、一度失敗すると、オールリセットして、また新たな策を練って、初めから出直しとなる。このストーリーでは、少女を救出して解放することが、人類全体の自由を取り戻すことと同義になっている。

その救出作戦の途中で、研究資料として政府に連れ去られた少女の位置情報を探り出すために、主人公はパソコンに向かう。パソコンの上には、不思議の国のアリスに登場するウサギを思わせる置物が置かれている。

少女の位置情報は、パソコンの向こうの仮想現実の中で見つけられる。「マトリックス」の世界に存在するすべては、コンピュータープログラムによって監視され、記録されているので、システム上で探り出すことが可能である。

CHAGEを思わせるもう一人の主人公が作ったものは、無線機のようにも見えるが、少女が監禁されている装置のロックを解除するためのリモコンであるらしい。





 
  
なぜこの少女は国家による研究材料にされて、試験管のような装置の中に閉じ込められたのであろうか?

推測に過ぎないが、この少女にはおそらく、放射能を無害化する特殊能力があるのだと思われる。そのことは、このストーリーの最後に、汚染された町で、少女一人が生き生きと羽ばたいて空へ向かっていく様子からも理解できる。

犯罪者政府とカルト宗教は、放射能を無害化する技術が一般大衆に知れ渡ると、地球が再生され、自分たちが人々を脅し、「マトリックス」である地下都市に監禁する口実がなくなるので、自分たちの支配が永遠に続くように、少女を隔離することによって、その技術を政府が独占し、外へ知られないように手を打ったのである。

むろん、この少女は存在自体が、主人公の「妄想」の産物である。実際には、この少女はカルト宗教に捕われて、無残に犠牲にとされた信者(もしくは奴隷)の一人に過ぎない。その犠牲者の少女に、地球再生の鍵が秘められているというのは、主人公の「夢」でしかない。

だが、その「夢」においては、政府と宗教団体の犠牲となって閉じ込められている一人のか弱い少女を救出して、汚染区域に解き放つことは、少女一人だけでなく、地球全体が救出される道である。少女が持つ放射能を無害化する力によって、汚染区域は、長い時間をかけて、再生の道を辿り、それによって地球は再び人の住める場所となり、未来の人類に、犯罪者政府とカルト宗教による支配から逃れる道が開かれるのである。

つまり、一人のか弱い人間を救うことが、地球全体の救済へとつながっているのであって、それを成し遂げることが、主人公が真の英雄へ至るミッションである。主人公二人は、汚染区域に入ったことによって、死ぬ羽目になるが、少なくとも、自己を犠牲にして、地球を汚染から解き放つ方法を提供することで、真の英雄になれたのである。

このビデオはフィクションとはいえ、現実世界の歪みを鋭く暴いて糾弾する意味を持っている。それは放射能の脅威(だけでなく人類の直面するあらゆる問題)を逆手ににとって、その脅威を悪用して人々を脅しつつ、カルト宗教と結びついて、人々の自由な暮らしを奪いながら、恐怖によって人心を支配する政府の存在を指摘していることである。その犯罪者政府にとって、放射能汚染という恐怖は、永久に取り除かれずに存在していた方が、むしろ、好都合なのである。

3.11以降、このフィクションに込められた現実の矛盾を暴きだす力が、あまりにも強烈なメッセージになったがゆえに、当局はこれをお蔵入りとし、闇に葬る必要があったのである。

そのために、フィクションの物語を裏返しにして、ASKAを模した主人公が、現実世界においてはスキャンダルと恥辱にまみれた「容疑者」となり、決して「英雄」にはなれず、少女も飛び立てず、再生の道が絶たれるように、悪意を込めて物語の事実をひっくり返したのである。

この悪意ある監視集団は、そのために現実とは別のもう一つの仮想現実であるARの世界をコンピュータ内に作り、そこでASKAを監視の対象、さらし者にした。そのARにおいて、彼らはどうやって同氏を罠にかけ、貶めるかを話し合ったのであろう。そして、その悪意が現実世界にも及ぶように、周到な計画を練ったのである。現実世界において、同氏をどんな風に罠に引き込んで凋落させるかを話し合ったのであろう。

「落ちて行くだけのコインは二度と戻らない」とか「流行りの風邪にやられた」などの歌詞を彼らは弄び、悪い事柄だけが現実になって降りかかり、作品自体が本人を嘲弄する手段となるように粋を凝らしたのである。

この犯罪者集団は、おそらくはASKAの他にも自らの脅威となりうる人間に対して、ずっと同じ方法で監視を繰り広げ、その人物が真の社会的脅威となる前に、あらゆる方法を使って社会から排除されるよう、引きずりおろして来たものと想像される。小沢一郎、植草一秀、鳩山由紀夫などの政治的大物は言うまでもないが、影の政府にとって不都合な人間を欺き、その人間性を貶め、周到に罠にかけるのが彼らの仕事であり、今やその手法はただ単に社会的な大物だけでなく、一般人にまで及ぼうとしている・・・。

しかしながら、こうした恐るべき推測を一旦、脇に置いても、このビデオは宮崎駿の作品にしては、随分、不吉な印象である。特に、この翼ある少女には、宮崎作品に登場する多くの女性主人公のような主体性があまり感じられず、彼女はただ受動的に救いを待っているだけの、意志を奪われた無力な人間であり、どちらかと言えば、『風立ちぬ』に登場する女性のように、悲しい犠牲者の風貌をしている。このストーリーの中では、本当の彼女はきっと、翼もなく、ただ痛ましい犠牲となって死ぬおびただしい屍の一人に過ぎないのであろう。この犠牲者としての風貌の中には、汚染された地域の被災者の悲しみのすべてが、隔離された人類全体の悲しみが投影されている。

この哀れな犠牲者の少女を解き放つために、結果的に、二人の主人公も命を失う(としか思われないのだが)というエンディングもかなり悲愴である。話の運びのテンポは良いが、『風立ちぬ』もそうだが、エンディングが、ハッピーエンドなのか、悲劇なのか分からないという消化不良を観た者に引き起こす。『風立ちぬ』の主人公は、明らかに体制側についた人間であり、自らの想像力を悪なる戦争のために利用され、妻を救う手段も見つけ出せなかった無力な人間である。彼には妻の愛情に報いる術もなく、彼女が死の床についてから、病める時も、人生を共にしてやるという伴侶のつとめを果たせず、むしろ戦争の大義を優先したような非力で無能な男性である。それとほぼ同じように、このビデオの中でも、主人公が英雄になれるのは、自分の空想の中だけである。

もしかすると、このあたりが、現在の日本人一般男性の思考と能力の限界かも知れないと思う。何しろ、この国は、真の意味での精神的自立を成し遂げたことが今まで一度もないのだ。だから、これまで、この国で生きるということは、多くの人々ににとって、マトリックスの一員、体制側の人間として生きることしか意味しなかった。特に、男性が、社会に認められようと思ったときに、完全に反体制的人間として、マトリックスを告発する側に立つことはほぼ許されなかった。こうした意味で、我が国の遅れて閉塞的な文化的・精神的な状態はロシアに非常によく似ているのである。

だから、この国の男性たちはおおむね誰もが自分の魂をどこかで置き去りにし、権力に売り渡しながら生きて来たのであり、それが悪であることは、本人の魂が重々知っている。だが、それより他の生き方を選択できないので、その人々は自分の心の本当の願いを、フィクションや、仮想現実や、空想に託すしかない。上記のプロモーション・ビデオも、ある意味では、良心を曲げられ、屈従を強いられた人間の慙愧の念と良心の叫びから出て来る「妄想」や「幻覚」に近い現実逃避としての「夢」のように見受けられる部分がある。

しかし、ASKAはおそらくこの仮想現実の物語を地で生きようとしていたのであろう。カルト宗教団体に捕われ、犠牲となった少女を見捨てておけなかった主人公のように、集団ストーカーの犠牲となった死んだ友達をも放っておくことができず、原発事故被害を見過ごしにすることもできず、犠牲となった人々を助けたいという生来の義憤と同情から、深い暗闇に自ら首を突っ込んで行き、自分自身もその犠牲となったのである。

だが、その同情と義憤にこそある種の非常な人間観の甘さ、お人好しさがあったのだと言える。結局、人間が自分の手で人間を救おうとする試みは必ず頓挫し、犠牲は犠牲の連鎖を生むだけで、どんなに美しく見える人の良心も、愛情も、義憤も、決して人を生かす真の力とはならない。人間の救いは神にしかなく、人間自身には義はないからである。犠牲の連鎖を抜け出る新たな生き方が必要なのである。